水虫のお話 予防・再発防止のお話

水虫の感染源と予防方法

  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃水┃┃虫┃┃は┃┃感┃┃染┃┃す┃┃る┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

 私たちは、インフルエンザや風邪にかかると
 他人への配慮として当然の事ながら、
 マスクを着用するなどして他人にうつさない事が
 当たり前のマナーとなっていますが、
 残念ながら、そういう意識や認識がないのが、
 皮膚の病気「水虫」のようです。

 そうなのです。

 水虫もれっきとした感染症の病気なのです。

 でも、水虫は恥ずかしいとか、自分だけの症状と認識し、
 放置してしまっている方が多いみたいです。

 もう一度、大切な事なのでお伝えしますと、
 水虫というのは、白癬菌というカビ(真菌)が、
 皮膚の角質層に入り込んで発症する皮膚の感染症です。

 感染症とある事から分かるように、
 人から人への感染する病気です。

 私たちにお問合せを頂く方にも、
 実は家族の中に水虫を持っているというのは、
 既に定番化しています。

 特に子供さんの水虫については、
 ほぼ100%、親御さんからの感染と見て間違いありません。

 では、この感染源はどこなのでしょうか。

  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃感┃┃染┃┃源┃┃は┃┃ど┃┃こ┃┃か┃┃?┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

 これまで何度もお伝えしているので、
 賢明な方はピンときているかもしれませんが、
 水虫の主な感染源は、床やじゅうたん、スリッパ、バスマットなど、
 湿度を保ちやすく、素足で切所する事が多い場所です。

 白癬菌が繁殖するのに好む条件とは、
 高い湿度や高い温度のあるところです。

 そこに水虫の人が素足で歩いて、
 白癬菌を含んだ角質を垢として落とすところから、
 感染の第一歩は始まっています。

 この垢として落ちた角質層にいる白癬菌はすぐに死なず、
 何ヶ月も生き続け、そこを通った別の人の素足に
 付着することで感染を広げようとするのです。

 ただ安心してほしいのは、
 付着しても24時間以内に足を洗えば、
 白癬菌は水に流されてしまいます。

 問題なのは、足を洗わなかったり、
 1日中、靴を履いて足がムレた状態になると、
 菌があっという間に繁殖して水虫に感染してしまうという事です。

 では、そうならないためには、
 私たちはどうすればいいのでしょうか。

  予┃ 防┃ 方┃ 法┃ と┃ は┃ ?┃
  ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛

 ┏━┓
 ┃1┃ 掃除をまめにする。
 ┗━╋…───────────────────────────────
    └→ まずは原因菌を掃除機で吸い込むことです。
       床やじゅうたんなどは、掃除機を使いゆっくりと
       時間をかけて吸い込むこと。
       スリッパは各自のものを使うことが大切です。
       バスマットはこまめに洗って清潔を保つことも
       忘れてはいけません。

 ┏━┓
 ┃2┃ こまめに拭いて、毎日足を洗う。
 ┗━╋…───────────────────────────────
    └→ 一日に足裏がかく汗の量はコップ1杯分にも
       なると言われています。たまには乾いたタオルで
       足を拭くのも気持ちいいものです。
       また毎日、お風呂で足を洗うことも忘れずに。
       もし白癬菌に付着しても、24時間以内に洗えば、
       まず感染の心配はありません。

 ┏━┓
 ┃3┃ 同じ靴を履かない。
 ┗━╋…───────────────────────────────
    └→ 白癬菌の好きな環境は、高温、多湿、それに
       角質細胞であるケラチンです。コップ1杯の汗を毎日、
       靴は吸収しているので、雑菌もわきやすいのです。
       出来れば、その日に履いた靴は、
       靴のためにも翌日は乾燥日にしましょう。

 

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
水虫になりやすい人の特徴
手水虫の原因は白癬菌感染が100%!?
手水虫を患う方の5つの特徴
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月