予防・再発防止のお話

水虫予防の第一歩

春から梅雨の時期にかけて、一気に増えるのが水虫。
これまで水虫にならなかったし、
今年も大丈夫だろうって、タカをくくっていませんか。

水虫になってからでは、治療に時間もお金もかかりますし、
何と言っても、根治に根気が必要になります。

出来ることなら毎日の生活の中で気をつけることで、
水虫予防が出来たらいいと思いませんか。

私たちは、風邪をひかないために、
外出する際には、マスクをしたりしますよね。
家に帰れば、手を洗って、うがいをしますよね。

同じように、ちょっとした水虫予防をすれば、
水虫にかかる確率は大幅に低下します。

今回は、その秘訣をちょこっとお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【その1】日用品を共有しないこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水虫の感染源は、実はそのほとんどが家族感染なのですが、
調べてみると日用品を一緒に使われているという方が、
意外と多いものです。

たとえば、月に1度は使う”爪切り”などは、その代表例。
一家に一個というご家庭が多いと思いますが、実は危険です。
ぜひ、「マイ爪切り」を持って頂けたらと思います。

次にバスタオルやバスマット、スリッパなどの日用品。
もう、これは言わずもがなですが、白癬菌がついていたら、
せっかくお風呂に入ったばかりでも、台無しです。
面倒でも、一人ひとつを徹底し、使い終わったら、
毎日洗濯したいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【その2】フットソープを使うこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日用品を自分専用に出来たら、
次はいよいよ日々の予防対策です。

水虫は、角質層に白癬菌が定着して起こる病気です。
角質層に白癬菌が定着するには、
肌に付着してから24時間から48時間かかります。

逆に言えば、24時間以内に白癬菌を洗い流せば、
水虫にかからないということなのです。

よくよく考えたら、外出先から帰ったら、
手を石鹸で洗うのに、なぜ足は洗わないのでしょうか。
汗や皮脂がたっぷりの靴の中は雑菌も湧きやすく、
そのような中から帰ってきたというのに、
足を洗わない手はありません。

おすすめは、薬用のフットソープですが、
なければ普通の固形石鹸などでも構いません。

ボディソープは保湿成分が入っているのですが、
あまりおすすめはできませんが、最悪構いません。

ちなみに、意外とフットソープというのは、
あまり馴染みないのではないでしょうか。

でも、いろいろなメーカーから出ていますので、
ネットで探してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【その3】洗ったら、足はよく拭くこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後に大切な注意点。
フットソープを使って足を洗った後は、
足指間の水気をしっかりと拭き取ってください。

お風呂上がり、中途半端に上がってきて、
廊下に足跡を残していませんか。

白癬菌は、角質層と湿度を好みますので、
水気はしっかりと拭き取って、
白癬菌の好物を減らしましょう。

抗菌タイプの靴下などを履けば、
水虫予防はほぼ完璧でしょう!

今日から皆さんも水虫予防をしてみませんか?

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
がさがさカカトをすべすべに!冬のフットケア方法!
水虫治療薬「エフゲン」の唯一無二の誕生秘話!
冬はカサカサ水虫にご用心!そのカカト大丈夫ですか?
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月