コラム

靴の手入れについて

靴の手入れとフットケアとどう関係あるの?
そう思われる方もいるかもしれませんが、
実は、手入れを適当にしていると水虫になりやすいといわれています。

そんな訳で、靴の手入れ面から見た、水虫の予防方法です。

皆さん、革靴やブーツの手入れは、どうなされていますか?

革靴やブーツなどの定番の手入れと言えば、
こんな感じでしょうか?

まずブラシを使ったブラッシングで汚れを落として、
次にクリーナーを塗って汚れを浮かして拭き取り、
その後、革に潤いを与えるためのクリームを塗ってから
全体を磨き、最後には撥水スプレーをかけて、
シューツリーを入れるという作業をされている方が、
ほとんどではないでしょうか。

靴の専門店で聞いけば、
おおよそこのような事を教えてくれると思います。

でも、ちょっと待って下さい。

外側はそれでいいのですが、
靴の中は手入れをされていますか?

私がヒアリング調査したところ、
中の手入れをしている人はほぼ0%でした。

でも、水虫の方の靴の場合、
ほぼ確実にいる白癬菌が中に住みついています。
外だけキレイにしても、ダメですよね。

という訳で、今回は靴の中の手入れについて、
お伝えしたいと思います。

スニーカーなどの洗える靴の場合は、
可能な限り頻繁に靴を洗って、靴の中の白癬菌を除去した後、
しっかりと乾燥させてから履くことが大切です。

洗えない革靴の場合は、濡れ雑巾を使って、
しっかりと靴の中を拭き取りましょう。
靴の中に落ちている垢に白癬菌がいますので、
拭き取った後、除菌消臭スプレーをさっとかけて、
しっかりと乾燥させる事が大切です。

今年の冬も、中が起毛の暖かいムートンブーツが人気のようですが、
特に白癬菌が繁殖しやすいので、注意が必要です。
毎日、同じムートンブーツを履くのだけは、やめておくべきでしょう。

ジッパーがある場合、ジッパーを全開にしてから、
(ジッパーがない場合は、通気をよく確保してから、)
除菌消臭スプレーをかけて、数時間はそのまま乾燥させて下さい。
乾燥させたら、竹炭などを入れるのもいいです。
その後、ブーツキーパーを使って形を整えましょう。

大源製薬で販売している除菌消臭剤「ウイルレスウォーター」は
強力な殺菌・脱臭作用があるにも関わらず、
人体への影響はまったくなく、しかも薬品のニオイもないので、
安全にお使い頂ける逸品です。

この冬、各ご家庭に1本、如何でしょうか。

■ウイルレスウォーター  販売価格 734円(税込)
http://www.e-daigen.co.jp/item/18.html

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
がさがさカカトをすべすべに!冬のフットケア方法!
軽石を使った後のフットケアマネージメント
梅雨時期のフットケア
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月