爪水虫のお話 水虫薬のお話

爪白癬とは

爪白癬は、もうご存知の方も多いと思いますが、
白癬菌という真菌が爪に住みついて起こる爪水虫です。

Wikipediaには、こういう記載があります。

「足の爪などを不摂生に伸ばしていると、そこに汗や垢などの汚れが溜まり、
それが白癬菌の温床となる。長時間ブーツなどを履いたり、雨でぬれたりすることで発症する。
最初は爪ではなく、爪と隣接する指先が水虫となるケースが多く、
そこから爪の間へと感染することで、ゆっくりと進行していく。

爪水虫になると、初期では爪の先の色が、白っぽくなるだけであり、自覚症状はない。
しかし、次第に指側に侵食していき、最終的には爪全体の色が、白色・黄色・黒色に変色する。
爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れる。
それにより、新たに白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となる。」

ちなみに補足的にいうと、女性にとっては怖い爪の病気でグリーンネイルというのがあります。

このグリーンネイルが緑膿菌という細菌であったのに対して、
爪白癬はカビの一種である真菌である違いがありますが、
爪水虫というくくりでは同じ病気です。

いずれにせよ、爪白癬は、爪のケラチン層に白癬菌が住み着き、
爪が厚く白濁色となり、厚く盛り上がり、
最後には剥がれ落ちてしまう上、
治療に1年はかかる厄介な病気です。

そして最も何が厄介かと言えば、Wikipediaにも記載がありましたが、
爪が剥がれ落ちる際に白癬菌を大量にバラまくということです。

これにより家族が水虫になる可能性が高まりますから、
気をつけないといけないのです。

ちなみに、爪白癬には飲み薬で治療というのが、
皮膚科医の常套手段ですが、副作用がないわけではありません。

副作用がない塗り薬も最近、ようやく出てきましたが、
水虫薬エフゲンは40年以上、塗り薬としての実績があるので、
おすすめです。

治療には1年ほどの時間がかかりますが、
病院に行っても同じくらいの時間はかかりますので、
どちらを選ぶのかは患者様次第。

いずれにせよ、 腰を据えて治療に専念しないと治らないので、
根気強く治療をすることが何よりも重要です。

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
爪水虫 〜切った爪からも感染注意!〜
手水虫にも効く!?ティートゥリーアロマ
【冬の水虫対策】血行促進で治癒力アップ?! 血行を良くする正しい靴下選び3つのポイント
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月