爪水虫のお話

爪水虫とは

 最近、「爪水虫」に関するお問合せを多く受けます。
 実は、この爪水虫、日本人の10人に1人がなっている
 とても感染者の多い病気です。

 某大手製薬会社の調査によれば、
 国内には推定330万人以上の患者がおり、
 そのうち治療中の方は、わずか23%の76万人という
 データもあるほど、ものすごく放置された病気です。

 痛みも痒みもないから、そのまま放置して、
 悪化してから大変なことになる方も大勢おられます。
 そうならないためにも、今回は、爪水虫について、
 お伝えしたいと思います。

 爪┃ 水┃ 虫┃ と┃ は┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 

 爪水虫は、「爪白癬(つめはくせん)」と言って、
 水虫の原因菌である白癬菌が皮膚ではなく、
 爪の中に住みついて起こる感染症です。

 なかなか治らないだけでなく、
 足の水虫が10年以上あるという方は、
 足裏と爪との間で白癬菌をうつし合うので、
 およそ85%が爪水虫にも罹っているそうです。

 治療時間も1年以上かかる病気なので、
 根負けをしてしまう人が多いのですが、感染症ですので、
 家族や周囲の人にもうつるという事を考えたら、
 何としてでも治してもらいたい病気です。

 初期症状としては、爪の一部の白色化や、
 黄色っぽく濁ってくるといった症状がまず出ます。

 時間が経過すると、その濁った部分が広がりはじめます。
 爪に厚みが増して変形し、そしてボロボロに爪が崩れ落ちる。

 こういう症状が、爪水虫の特徴です。

 爪自体に神経は通っていませんので、
 爪には痒みや痛みはないのですが、
 爪水虫が原因で巻きづめを発症し痛みが出たり、
 爪が分厚くなって靴を履くのが痛くなり、
 歩行困難になったりする事があります。

 また、本数がどんどん増えていくと治療が非常に
 困難になります。
 そうならない為にも、早めの治療が大切です。

 爪┃ 水┃ 虫┃ の┃ 治┃ 療┃ 方┃ 法┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 

 以前は、多くの皮膚科の医師たちから、
 爪水虫は飲み薬でないと治らないというのが、
 定説みたいなものとして言われていましたが、
 飲み薬は肝臓や腎臓などへの副作用の心配をされる方もおり、
 昨今では塗り薬を処方する先生が増えています。
 
 大源製薬のエフゲンは、液体タイプの塗り薬なので、
 マニキュアを塗るような感覚で使えるので、
 爪水虫の方には、便利かもしれません。

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
【全7問】簡単水虫チェック
爪水虫治療の暗黒史
水虫薬エフゲンを使った爪水虫の治療方法
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月