水虫のお話

水虫が発症するのに要する時間

人間の身体は、どんなに健康であっても、
何らかの病原菌を持っています。

例えばヘルペスやカンジタという菌は、
健康な時は、驚くほど何も悪さをしません。
でも、日常生活や食生活の乱れなどで、
身体が弱ってくると暴れ始めます。

例えば、50歳以上の方の場合、
帯状疱疹という形で現れることが多くあります。
これは小さい頃に罹った水疱瘡のウィルスが
体内にひそんで体力がなくなった頃に、
再び悪さをする病気です。

早期治療をすれば、皮膚の炎症や痛みが
重症化するのを防げますが、
まさに弱り目に祟り目となりやすい病気です。

水虫も実は同じような類いの病気だと
考えても良いのではないかと思います。

たとえば子供たちの水虫が増えているとはいえ、
中高年の方に比べると、圧倒的に少数です。
これは、水虫の原因菌である白癬菌と、
肌のターンオーバーの関係もあると考えられています。

白癬菌が角質層へ定着するには、
24時間と言われていますが、その後すぐに
水虫として症状が現れることもあれば、
角質層に潜伏し続け、症状として現れない
そんなケースもあります。

いわゆる潜伏期間です。
人によっては、5年後や10年後に
発症する人もいますし、
24時間程度で発症する人もいます。

条件次第で、発症するとはいえ、
やはり身体が弱っている場合、
水虫が発症しやすいみたいです。

ただ、水虫も帯状疱疹と同様、
早期治療をすれば、重症化までは避けられます。
体力を回復するのと同時に、
早期に治療をして頂ければと思います。

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
手水虫の原因は白癬菌感染が100%!?
おしゃれな長靴たちに潜む罠
手水虫にも効く!?ティートゥリーアロマ
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月