爪水虫のお話 水虫薬のお話

塗る爪水虫薬は効くのか?

水虫薬にはクリームタイプとパウダースプレータイプ、
そしてエフゲンのようなリキッド(液体)タイプの外用薬、
そして内服薬が存在しています。

最近の外用薬は、どの製薬会社も強力な殺菌効果のある
「塩酸ブテナフィン」「塩酸アモロルフィン」
「塩酸ネチコナゾール」「ライコナゾール」
「塩酸テルビナフィン」という5つのスイッチOTC成分が
ほぼ入っています。

そして、これらの薬を使って水虫が治ったと言われる
治療率はおおよそ70%だと言われています。

非常に成分としては強いお薬なので、
数日から2週間ほどで、表面的な水虫は消えるのですが、
水虫は角質層の奥底に浸透しているため、
表面的に消えても3ヶ月以上は使わないといけないのが、
この手の薬の特徴です。

次に、爪水虫の方などが病院でよく処方されるのが、
内服薬です。一昔前は、爪水虫は塗り薬では治らないと
いうお医者様もいたのですが、今年の夏からは、
クレナフィン爪外用液の処方がされるようになり、
完全に塗り薬も効果的と認知されるようになりました。

内服薬の有効治療率も70%程度ですので、
100人の爪水虫の患者さんがいたら、
30人の方は飲んでも効かないのですが、
内服薬だと100%完治すると思われている
患者さんが多いです。

爪水虫の患者さんの場合、
「飲み薬を半年以上服用しても効果がなかった」
という方、実は多かったりします。

また、副作用を心配され、最初から飲み薬の選択を
しない患者さまがたくさんいらっしゃるのも事実です。

そんな中、クレナフィン爪外用液が認められたということは、
患者にとっては嬉しい限りです。

クレナフィン爪外用液の処方がされるようになり
今後、病院でも爪水虫の治療薬として、
塗り薬が処方されることが多くなりそうですね。

ただ、問題なのは、このクレナフィン爪外用液は、
価格が高いということ。
これが今後の課題となりそうです。

この記事をSNSでシェアする

Facebookでシェア

Twitterでシェア

こちらもおすすめ
水虫薬エフゲンを使った水虫治療と生活改善
手水虫の原因は白癬菌感染が100%!?
爪白癬とは
あきる野市ゆき皮膚科クリニックエフゲンカサカサ水虫クリーニングスプレーチェックブーツ乾燥タイプ予防法公立阿伎留医療センター兵庫県立尼崎病院北村クリニック収納基礎夏秋医院安田皮フ科安藤病院小川医院小水泡型水虫平本皮フ科感染症東京都桜井医院樋口クリニック水疱水虫水虫薬治療方法爪水虫特徴白癬菌稲城市米山医院脱臭効果臭いの原因若葉台ひふ科草花クリニック足裏趾間型水虫重曹除菌陰干し3ヶ月